巨大防空壕『無窮洞(むきゅうどう)』見学佐世保・西海・東彼・北松

『無窮洞(むきゅうどう)』とは、第二次世界大戦のさなか(1943年)、当時の宮村国民学校の教師と小学生たちが掘った巨大な防空壕のことです。
中は幅約5m、奥行き約20m、生徒500人が避難できたというほどの大きさ。避難中でも授業や生活ができるように、教壇まで備えた教室をはじめ、トイレや炊事場、食料倉庫、さらには天皇の写真を奉ずる御真影部屋まで設けてあり、戦時下の時代背景を知ることができます。

料金 0円(税込)
設定期間 2019年4月1日~2020年3月31日

アクセス

集合時間 随時見学可(9時~17時まで見学可能)
アクセス ※バスでお越しの場合は、事前にご予約をお願いします。

このプログラムを申し込む

アクティビティ詳細

料金について

プラン料金 料金は無料です

申し込み

じゃらん、アソビュー
からお申込み