世界遺産ツアー 
映画”沈黙”の舞台の地を巡る潜伏キリシタンの里 そとめ長崎・西彼エリア

発着地:長崎発着

テーマ:世界遺産・こだわりの食事・ガイド付き・教会

『出津教会堂』


1865年3月の信徒発見から半年後、プティジャン神父が船で密かに出津を訪れ、信者と面会した。当時は禁教下で迫害があったが、200戸がカトリックに復帰する。1879年にド・ロ神父が出津に赴任し、信者と力をあわせ1882年に出津教会を完成させる。強い海風に耐えられるように屋根を低くした木造平屋で、漆喰(しっくい)の白い外壁は山の緑に映え、清楚なたたずまいが美しい。外国人神父の設計による初期教会として、2011年に国の重要文化財に指定された。

『出津教会堂』


1865年3月の信徒発見から半年後、プティジャン神父が船で密かに出津を訪れ、信者と面会した。当時は禁教下で迫害があったが、200戸がカトリックに復帰する。1879年にド・ロ神父が出津に赴任し、信者と力をあわせ1882年に出津教会を完成させる。強い海風に耐えられるように屋根を低くした木造平屋で、漆喰(しっくい)の白い外壁は山の緑に映え、清楚なたたずまいが美しい。外国人神父の設計による初期教会として、2011年に国の重要文化財に指定された。

『大野教会堂』


1879年、外海地区に着任したド・ロ神父は、26戸の信者と力を合わせ、1893年に大野教会を完成させた。民家を思わせるような教会で、現地の石を積み上げた外壁(※)は、独特の風合いを醸し出している。ド・ロ神父の建築技法が典型的に表れている教会として、2008年に国の重要文化財に指定された。

(※)ド・ロ神父考案の「ド・ロ壁」

『大野教会堂』


1879年、外海地区に着任したド・ロ神父は、26戸の信者と力を合わせ、1893年に大野教会を完成させた。民家を思わせるような教会で、現地の石を積み上げた外壁(※)は、独特の風合いを醸し出している。ド・ロ神父の建築技法が典型的に表れている教会として、2008年に国の重要文化財に指定された。

(※)ド・ロ神父考案の「ド・ロ壁」

『黒崎教会』


1897年にド・ロ神父の指導で敷地が造成され、1899年から建設計画が進行、1920年に完成した、遠藤周作の小説『沈黙』の舞台ともなった黒崎の地に建つ教会。

聖堂は信徒が奉仕と犠牲の結晶として一つひとつ積み上げたレンガで造られている。煉瓦造、平屋、桟瓦葺(さんかわらぶき)の簡素な構成が煉瓦の美しさを際立たせており、深い奥行を持つ内部はリブ・ヴォールト天井と呼ばれ、ステンドグラスが印象的だ。付属する鐘楼は隠れキリシタンの帰依を願って設置されたもの。

『黒崎教会』


1897年にド・ロ神父の指導で敷地が造成され、1899年から建設計画が進行、1920年に完成した、遠藤周作の小説『沈黙』の舞台ともなった黒崎の地に建つ教会。

聖堂は信徒が奉仕と犠牲の結晶として一つひとつ積み上げたレンガで造られている。煉瓦造、平屋、桟瓦葺(さんかわらぶき)の簡素な構成が煉瓦の美しさを際立たせており、深い奥行を持つ内部はリブ・ヴォールト天井と呼ばれ、ステンドグラスが印象的だ。付属する鐘楼は隠れキリシタンの帰依を願って設置されたもの。

『枯松神社』


慶長19年(1614)の禁教令が出され、以降キリスト教信者への取り締まりはいっそう厳しさを増したが、その中にあって、外海地方の多くの信徒たちは潜伏して信仰を保ち続けた。黒崎地方の潜伏キリシタンたちは、枯松の山頂にひそかに集まってオラショを伝承してきた。明治時代に入ると、この地に神社を建立し、日本人指導者バスチャンの師であるサン・ジワンをここにまつった。
また、神社周辺には、板石を伏せて置くキリシタン墓が残っている。このようにキリシタンをまつった神社は全国的に珍しく、長崎市内淵神社の桑姫(くわひめ)大明神、東京都伊豆大島のおたあね大明神が知られている。

『枯松神社』


慶長19年(1614)の禁教令が出され、以降キリスト教信者への取り締まりはいっそう厳しさを増したが、その中にあって、外海地方の多くの信徒たちは潜伏して信仰を保ち続けた。黒崎地方の潜伏キリシタンたちは、枯松の山頂にひそかに集まってオラショを伝承してきた。明治時代に入ると、この地に神社を建立し、日本人指導者バスチャンの師であるサン・ジワンをここにまつった。
また、神社周辺には、板石を伏せて置くキリシタン墓が残っている。このようにキリシタンをまつった神社は全国的に珍しく、長崎市内淵神社の桑姫(くわひめ)大明神、東京都伊豆大島のおたあね大明神が知られている。

※バスはほかのツアーのお客様と混載になる場合もございます。
 (貴重品は各自管理をお願いします。)

教会の写真は掲載の許可を得てます。

詳細

料金 おとな       8,500円(税込)
こども(小学生以下)7,000円(税込)
3歳未満      無料  (税込)
ガイド バスガイドの案内または現地ガイドの案内     
食事内容 ヴォスロール
ド・ロ様畑でとれた野菜を使って外海地区で受け継がれてきた家庭の味を味わうことができます。
運行会社 長崎遊覧バス㈱
設定期間 2018年4月1日~2019年3月31日の毎週 土曜日(7月15日~11月25日の期間は毎週日曜日も実施) ※実施日の7日前に予約数が最少催行人数に達しない場合は中止いたします。
こんな方におすすめ 食事付・ガイド同行・子供参加可・1人参加可・現地払い
コース概要 長崎駅(9:30)===潜伏キリシタン文化資料館・・・黒崎教会===枯松神社===出津教会堂・ド・ロ神父記念館・旧出津救助院・ヴォスロール(昼食)===大野教会堂===バスチャン屋敷跡===遠藤周作文学館(見学)・・・道の駅そとめ(休憩・お買物)===(女神大橋経由)===長崎駅(17:30)


===バス  ……徒歩  ~~~船
集合場所 長崎駅 大村ボート発着所(集合9:25)

旅行条件

催行人数
最少催行人数
1名
最大催行人数
24名
取消料のご案内

契約成立後、お客様のご都合で 契約を解除する場合、 旅行代金に対してお客様1名につき下記の料率で取消料をいただきます。なお、複数人数のご参加で、一部のお客様が契約を解除される場合は、ご参加のお客様から運送・宿泊機関等の(1台・1室あたりの)ご利用人数の変更に対する差額代金をそれぞれいただきます。

旅行開始日の前日から起算して
・前日は、40%
・当日は、50%
・旅行開始後無連絡不参加は、100%
となります。

・出発日・コース・運送・宿泊機関等行程中の一部を変更される場合も上記取消料の対象となります。
・ご変更お取消の際は、予約後、それぞれの企画実施会社へお問い合わせください。
なお、キャンセルされる日によっては所定の取消料(上記参照)が発生しますのでご注意ください。

注意事項 ・観光バスでの運行が基本になりますが、参加人数に応じて、普通タクシー、ジャンボタクシーで運行することがあります。
・2名参加の場合は車種に関わらず2名一列でのご利用をお願いします。
・途中で車両をお乗換えしていただく場合があります。予めご了承ください。
・見学時間が休館の場合は他の施設の見学時間が増えます。
・道路状況等により所要時間が変更になる場合があります。
・コースは記載コースとなり、立寄り先の変更はできません。
・当日の交通事情により、行程時間が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
・コース途中で車両をお乗り換え頂く場合がございます。
・道路状況、天候により、発着時間が変更になる場合があります。
・天災、道路封鎖などにより、運行ができないときにやむを得ず運行を中止する場合がございます。
・未就学児については参加いただけませんのでご了承ください。
企画実施会社 長崎遊覧トラベル
旅行条件書

お申込み前に必ず企画実施会社の旅行条件書をお読みください。

申し込み

クレジットカード決済

クレジットカード決済以外